トップ > 製品情報 > 製品に関するよくあるご質問
製品情報

製品に関するよくあるご質問

耐熱コーティング剤

セラミックスコーティング剤の選定はどのようにすればよいでしょうか?
基本はコーティングする相手材の材質の膨張係数を考慮します。 簡単に分ければ、鉄やステンレスなのか?セラミックスやグラファイト(黒鉛)なのか?さらに使用する温度域、コーティング剤のpHや使用溶剤などをリーフレットやMSDSを参考にされると良いと思います。
セラミックコーティング剤の被膜の強度はどれくらい硬いのでしょうか?
製品によって異なりますが、全般的に言えることは、セラミック溶射をしたような硬さとは異なります。 モース硬度で3~5に多くのセラミックコーティング剤が分類されます。
真空でセラミックコーティング剤を使用することはできますか?アウトガスなどはでませんか?
多くのセラミックコーティング剤は有機物を含有していませんので、VOC(揮発性有機化合物)は出ません。 しかし、水を含有していますので、常温乾燥の後に焼成する工程が必要になります。

耐熱潤滑・離型剤

BN(窒化ほう素)の製品だけでも種類が多数ありますが、どのように選べばよいのでしょうか?
使用環境、使用目的に合わせてまずは考えます。 エアゾール(スプレー)製品が良いのか? 刷毛塗りが良いのか? 浸漬が良いのか? 耐熱温度は?乾燥は早い方がよいのか? 水溶性でよいのか? アウトガスの問題は? それらを判断するために各製品のMSDSを参考にされることもお勧めいたします。
形成された潤滑、離型の皮膜は、どのように除去するれはよいのでしょうか?
各製品によって異なります。水性タイプのものは、焼成前(高温にさらされる前)であればほとんどの製品が水で簡単に落すことができます。 有機溶剤が入った有機系の接着剤は、焼成前であれば使用している有機溶剤で落せます。 焼成後になると、どのタイプも簡単に完全にキレイに除去することは難しくなります。 高温で消失させるか、ヤスリやブラストなどで物理的な除去をすることになります。

耐熱接着剤

耐熱接着剤を選ぶポイントは?
先ず、使用環境温度から、有機系のエポキシ接着剤(耐熱上限300℃)か、無機系のセラミック接着剤(耐熱上限1,760℃)かを選択します。
「エポキシ系接着剤」と「セラミック系接着剤」の特性の違いは?
「エポキシ系接着剤」は、-65℃から300℃の温度域で用いられます。 せん断強度、曲げ強度、振動や衝撃への耐久性があり、水や空気の密閉性があります。
「セラミック系接着剤」は、エポキシ接着剤が機能しない超高温域で使用され、耐熱上限は1,760℃までのタイプがあります。 エポキシ接着剤と比べ、耐熱性、耐薬品性は勝りますが、せん断強度と曲げ強度ではエポキシ接着剤に及ばず、振動や機械衝撃に弱い側面があります。また、他孔質ですので、水や空気の密閉性はありません。 接着剤と被着体の熱膨張係数が近い商品を選択します。
耐熱接着剤の焼成とは? また焼成で注意する事はありますか?
エポキシ系、セラミック系共に炉内焼成が基本ですが、室温で硬化する2液混合型商品もございます。
焼成温度および時間は商品により異なりますが、「エポキシ接着剤」の焼成は、指定温度まで予め炉内温度を上げたうえで、被着体を炉に入れます。
逆に、「セラミック接着剤」は水溶性のバインダーを使用しているため、先ず、予備乾燥として空気中で水分を飛ばす必要があります。 その後、常温の状態の炉に被着体を入れ、温度を上げてゆきます。 バインダーの水分が残った状態で高温状態に置きますと、水分が沸騰し接着皮膜がボソボソになってしまいます。 また、焼成後、急激に温度を下げますと、収縮係数の違いから接着剤が剥離してしまいますので、炉に入れた状態で放置し除熱してください。

黒染剤と処理機器

今まで外注していた部品の黒染加工を内製化できませんか?
前処理(脱脂、活性化)から黒染、後処理(防錆)、廃液の中和処理まで、黒染加工の一連の流れを全てご提案させて頂きます。 各種加温黒染装置を取り揃えており、寸法のオーダーメードにも対応しております。
常温黒染と加温黒染の違いは何ですか?
「常温黒染」は、金属表面に0.2μ程度の艶消しの黒色酸化膜を形成する置換メッキです。 特別な装置を必要とせず、簡単に黒染できます。 少量部品の黒染向きです。 
「加温黒染」は、2~3μの四三酸化鉄の皮膜を形成します。 金属表面の光沢に応じた光沢仕上がりで、擦っても落ちない丈夫な皮膜です。 皮膜は含油機能が高く、防錆剤の使用で高い防錆力を得ます。 処理費用が安く、大量黒染向きです。
鉄以外の金属の黒染は可能ですか?
アルミニウム、銅、ニッケル、銀、ステンレス、亜鉛、鉛、スズなど、各種金属に対応した常温黒染剤があります。
製品に関するお問い合わせ・お見積りなどお気軽にご連絡ください 03-6447-7461 営業時間 09:00~17:00 土/日/祝日は定休

WEBからお問い合わせ

ページの先頭へ戻る

ユニット式・半自動 鉄鋼部品の加温黒染機器と処理剤 ご試用から大容量まで、直接ご購入は WEB SHOP 理工堂 活用事例集 製品に関するよくあるご質問

製品を探す

耐熱温度で探す

  • 500℃以下
  • 1000℃以下
  • 1500℃以下
  • 1501℃以上

耐熱温度を選択してください

トップページ

会社情報

MSDS と特性一覧

このサイトについて